小結寺

個人で営む手造りの小さなお寺
「愚痴聞き寺」&「駆け込み寺」
生きて行く事って難しいよね

ある日突然、災害や事故に襲われたり、
ある日突然、病気になったり、別れが来たり、
いじめや虐待、暴力に裏切りと
死にたくなる時だってあるよ

もう人生に疲れた・・
愚痴を聞いて欲しい・・
相談に乗って欲しい・・
一緒に居て欲しい・・

そんな時はいつでも小結寺にお越し下さい!、

どんな悩みでも、どんな小さな事でも
独りで抱え込まないで小結寺に来て!
きっと笑顔が戻り、楽になれるから・・。

小結寺とは

● 個人で営む手造りの小さなお寺  ●

・ボランティア活動として仏教を伝える・・

仏教とは生きる知恵を説き、お寺は生きる知恵(仏教)を伝える場所なんです ブッダは言いました。人は誰でも生まれて死ぬまで全てが苦であると・・ 時に生きる事が辛くなったり、時に人生を投げ出したくなる事だってある・・ だからこそ、多くの人に生きる知恵である仏教を学んでもらいたい。 そんな願いを込め、自然豊かな那須高原に小結寺を造りました。 いつでも誰でも駆け込めるお寺を実現した、日本では珍しい無宗派の個人のお寺。 静けさとお香の香りに包まれた和モダンの空間での写経や座禅はお勧めです。 現在の日本のお寺は、死人に向かい生きる知恵を説く「葬式仏教」が主ですが、 小結寺では生きる人に生きる知恵を説く、真のお寺を目指し活動しています。

● 新たな自分に出会えるお寺 ●

・・ テーマは「自由」「現実論」 ・・

小結寺では「自由」をテーマにした悩み相談を行います。 自由とは、多くの選択肢を持つ事です。それは多いほど自由です。 仏教では悩みの反対は「執着」と説きます。執着があれば選択肢は減り、 執着を取れば選択肢は増える事で自由を手に入れる事ができます。 小結寺では、執着と取り多くの選択肢を与える事が役目であり 自由を手に入れれば、きっと新たな自分に出会える事でしょう・・。 また、小結寺ではマニュアル通りの理想論ではなく、「現実論」を テーマに掲げています。出口の無いトンネルは無いと良く聞きますが 出口が見えない時こそ出口を一緒に探すと言うのが小結寺です。

 小結寺で学べる事

【 性格診断 】

ユングの心理学に基づく性格診断です。 人間関係の悩みの多くは、性格が起因しています。 自分の性格を知る事、相手の性格を知る事で、人間関係の悩みは ほぼほぼ解消する事ができるでしょう。

【 写経 】

小結寺での写経は「般若心経」です 262文字を約1時間かけて書き写します。 小結寺では書き終える事もそうですが、何より般若心経に 書かれた内容や意味を知ってもらう事が一番重要です。 集中力を高められ、自分と向き合え、心が落ち着きます。

【 座禅 】

修行目的では無く「健康」を目的とした座禅 腹式呼吸を基本から学んでもらい、長時間組む座禅では無く 毎日3分座禅を組む事を目標にした座禅です。 心の視野が広がり、鬱病に効果的な「セロトニン」が出て 心と体の健康に最適です。

【 YOGA 】

小結寺のYOGAはハタヨーガです 体の硬い人も、基本体操から始め、 1ポーズを確実に覚えてもらい 後は家で毎日実践してもらう 指導方法で進めて行きます マンツーマンでのYOGAは 自分のペースで進めて行けます。

【簡単な仏教】

主に写経「般若心経」をベースに 初級者レベルで仏教を学べます。 仏教の中から、現代に必要な部分を 選んで、分かりやすくお伝えします。 また、当たり前の様に行われている お葬式やお墓が本当に必要なのかも 分かります。

 こんなお悩みの方にお勧めです

【 心の悩み 】

■ パニック障害 
■ 鬱病・不安障害
■ 自律神経失調症
■ 各依存症
■ 自殺願望
■ その他心の病

【 体の悩み 】

■ 肩こり・腰痛
■ 肥満・ダイエット
■ 便秘
■ 冷え性
■ 骨盤矯正
■ その他体の病

【人間関係の悩み】

■ 職場での人間関係
■ 家族との人間関係
■ 夫婦との人間関係
■ 子供との人間関係
■ 仲間との人間関係
■ その他人間関係

【人生の悩み】

■ 今後の人生について
■ 転職・進学について
■ 生きる意味について
■ お金の問題について
■ 過去の失敗について
■ その他人生の悩み

【その他の悩み】

■ 性の問題について
■ 引きこもり問題
■ 家族のについて
■ 自己破産について
■ いじめやDVの問題
■ 登校拒否の問題

小結寺ができるまで

講師自身、パニック障害や鬱病になり自殺をするまでに追い込まれました。 そんな時、恩師である坊主と出会い、座禅や仏教・ヨーガを教えて頂き、 座禅やヨーガの腹式呼吸で過呼吸が治まり、写経(般若心経)で生きる勇気が持て、 その素晴らしさを実感する事が出来ました。その後、父が他界し、お葬式で坊主が般若心経を読経している際、隣に座る身体障害者の母を見て どうして生きる事を終えた父に生きる知恵を唱えるのか? 生きる知恵が必要なのはパニック障害の自分であり身体障害者の母ではないのか? そんな疑問を思う様になり、数多くのお寺を巡り、なぜ死んだ人に向かい 生きる知恵を唱えるのか?を聞いて歩きましたが回答はありませんでした。 そして、自殺を考えた時の自分を思い出すと、自殺を決断した時には「死」と言う選択肢しか無く、「生きる」と言う選択肢が無かった事に気付いたのです。 では、誰が「生きる」を教えるのか?僕の出した答えは仏教でありお寺であり坊主です。 仏教は「生きる知恵」を説き、お寺は仏教を伝える場所であり、 坊主は仏教を教えながら人々を救う。これが仏教の正しい姿です。 しかしながら、今の日本の仏教は葬式仏教に変貌してしまったのが現実です。 ならば、生きる知恵(仏教)を生きている人に教えるお寺を自分で造ろう! それが、自分のお寺「小結寺」を造ろうと思った理由です。 そして、恩師に教えて頂いた、坊主に必要な3つの知識 仏教学・薬草学・建築学 この中の建築学をほんの少しでも学んでみたいと言う気持ちから、中古のプレハブを購入して、初めてのDIYで一年の年月をかけて小結寺が出来上がりました。 最後に「小結寺」と言う名称ですが、ヨーガの語源は心と体を呼吸で結ぶの結(ゆい)で、 小さな(小)、ヨーガ(結)を教えるお寺(寺)を組み合わせて「小結寺」なのですが、 土地を購入したら住所が「小結」だったと言う、まさに運命を感じています。

講師のご紹介

座禅スタジオ「小結寺」代表
鈴木浩明

生年月日 昭和45年10月29日
埼玉県さいたま市にて生まれる

略歴
平成3年 日本経済新聞社に入社
平成15年 パニック障害発症
平成17年 日本経済新聞社を休職 四国お遍路の旅へ
平成19年 仙台へ移住
平成20年 日本経済新聞社へ復職
平成21年 那須塩原市に土地を購入し自宅を建てる
平成25年 日本経済新聞社を退社
平成27年 座禅スタジオ「小結寺」開業
昭和45年に生まれ、埼玉県さいたま市で育ち、 20歳の時に日本経済新聞社へ入社し、事件現場を飛び回る仕事の没頭する。 そして33歳の時に通勤電車内にてパニック発作を起こして、パニック障害人生がスタート。 35歳の時に会社を休職となり、四国のお遍路周りを経て、命の恩人である師匠と出会い、座禅や仏教、ヨーガを学ぶ。 犬嫌いだったがミニチュアシュナウザーを飼い、仙台へと移住して愛犬と遊ぶ内に、症状も徐々に快復して38歳で日本経済新聞社へ復職を果たす。 その後、43歳で日本経済新聞社を依願退社し、45歳の時に念願の「座禅スタジオ小結寺」を開業する。人生を振り返ると色々な事があり、何度も何度も挫け、自分に負け、人生を投げ出した時もありましたが、逆に色々な事を学び、色々な知識を身に付けられ、色々な人と出会え、今ではそれが一番の財産になっています。 また、パニック障害と言う病気に出会い、人生が大きく変わった事は言うまでもありません。 四国のお遍路周りなど貴重な旅が出来た事、師匠と出会い仏教やヨーガに出会えた事。自然豊かな地に住めた事など、病気になっていなかったら経験出来なかった事です。 現在もパニック発作が起きないように座禅やヨーガを行い、いつ再び発作が起きても、その時は座禅やヨーガで治せば大丈夫と言う自信を持って生きていますし、その為にも日々の座禅やヨーガが必要だと小結寺では教えています。 年間の自殺者3万人以上、鬱病の患者数も年々増え続けるストレス社会において、やはり仏教の力を今こそ発揮すべきなのに、葬式仏教に染まり続けるお寺や坊主の在り方を、この小結寺を通して変えて行きたい。生きる知恵を生きている人に伝える役割こそが仏教の本来在るべき姿と言う事を、微力ではありますが長い年月を乗り越え実現して行こうと思います。

小結寺メニュー


 悩み相談 

お悩み相談を基本に、性格診断を無料で行います。 予約でも、当日お電話でも空いていれば大丈夫です。 悩み相談でなくても、愚痴を聞いて欲しい・・ 独りで寂しいから一緒に居て欲しいでもOKですよ!
120分
【時間】 120分       
【内容】 お悩み相談

※最大定員2名

 写経体験 

般若心経と言うお経(262文字)を写経します。 綺麗に書くと言うより、般若心経の内容・意味を理解して もらう事の方が大切です。 最後まで書き移せると、かなりの集中力ですよ!
90分
【時間】 90分        
【内容】 写経(般若心経)

※最大定員4名

 ヨーガ教室 

マンツーマンで誰とも競わずにヨーガを学べます 体の硬い人こそ、効果は出やすく続きます 呼吸を一番に、腰痛の人は腰痛に効くポーズなど 1回のレッスンで1ポーズを確実に覚えてもらい 自宅で日々行ってもらう指導方法を行っています
90分
【時間】 90分        
【内容】 ヨーガ(ハタヨーガ)

※最大定員2名

お悩み相談(電話コース)

小結寺まで足を運べない方へは電話で相談を受けます 体調が悪い方や、引き籠りなどの家族を抱える方など、 どうしても小結寺まで来れない方へのコースです。
60分
【時間】 60分       
【内容】  電話でのお悩み相談
【備考】 
通話無料、


※最大定員2名

性格診断(WEB)コース

主に人間関係でお悩みの方がメールでやり取りするコースです。 最初にWEBで性格テストを行ってもらい、その結果を元に お悩み相談を進めて行きます。 原則は3往復になりますが、多くなる場合も御座います。
1回
【時間】 1回         
【内容】 メールでの相談(人間関係のお悩み)

エステとコラボ「心と体のデトックス」

(現在準備中)

小結寺と同じ敷地内にあるリンパエステ「Linda」とのコラボプラン 女性2名様限定のコースで、心と体のデトックスをテーマに 女子会や母娘などで那須へプチ旅行の際はぜひお立ち寄り下さい。 詳しくはリンパエステ「Linda」のホームページをご覧ください。
240分
【タイムスケジュール】
1, 座禅スタジオ「小結寺」(120分)
 悩み相談、写経、座禅、ヨーガなど
2, リンパエステ「Linda」(120分)
 マッサージなど

※最大定員2名(女性限定)

料金表


コース 時間 定員 料金
1名 ペア その他 備考
お悩み相談 120分 最大2名 無料 無料
写経体験 90分 最大4名 無料 無料
ヨーガ 90分 最大2名 無料 無料
お悩み相談(電話コース) 60分 無料
WEB性格診 1回 無料
リンパエステ「Linda」コラボコース  (調整中) 480分 女性2名 女性限定
団体コース(調整中) 120分 最大6名 ¥4,000×人数 要相談
お寺・カウンセラー起業相談 240分 要相談 ¥50,000 ¥50,000
[2020年4月1日改定] ※ご不明な点はお気兼ねなくご連絡ください。

 ボランティア活動


近年、「自殺問題」は社会問題となり、年々深刻化しています。 年間の自殺者の数は3万人とも言われていますが、その数字には隠された事実があります。 この日本での「自殺」の定義は24時間以内に死亡が確認される事。また自殺を確証できる遺書が 存在する事で、それ以外を「変死者」と扱い、その数字は18万人とも言われています。 WHOでは、変死者の半数は自殺者に含めると言っていますが、日本では含まれていません。 なので、日本での自殺者の数は10万人を超えている可能性があり、身近に自殺者がいてもおかしく ない数字です。

自殺を減らす為にはどうしたら良いのか??まずは自殺の動機が何かを考える事です。 自殺の動機で一番多いのが「鬱病」です。鬱病患者の数が増えると自殺者の数が増える事から 自殺を減らす為には鬱病を減らす事が重要です。

大切な人との別れ、死別。裏切りに失業、いじめに暴力など、鬱病を発症する原因は様々ですが、 どんな人にでも鬱病になるリスクを抱えています。そして、辛い事に局面し落ち込む事は人間として 普通な事で、逆に鬱病にならない人こそ鬱病ではないのかとさえ思ってしまいます。
鬱病になってしまう事は仕方がない事だとしても、鬱病患者の数が減らないのは何故なのか?? それは、鬱病の治し方の多くが「抗鬱剤」などによる薬物療法がほとんどだからです。 そして恐ろしい事に、鬱病を経験した人の大多数が「薬では治らない」と実感している事です。おう 薬を飲んだ為に症状が悪化した・・と聞く事も多く、私自身もその一人です。 薬を使わずに鬱病を治す事は無理なんではと思ってる方も居ますが、その処方される「抗鬱剤」とは どんな薬かを理解すれば良いんです。鬱病の原因は「セロトニン」と言う脳内分泌物が減少してる事を言い 抗鬱剤は減少したセロトニンを補うのが抗鬱剤です。ならばセロトニンを自分で増やせば治ると 考えているのが「小結寺」です。小結寺でセロトニンを増やせるアイテムは座禅とヨーガです。 腹式呼吸を行う事でセロトニンが出ると言う事は医学的にも証明されています。 ただ、いくら座禅やヨーガを行った所で、太陽から日差しを浴びれば、座禅や薬の何百倍ものセロトニンを 出す事が出来るって事も知って頂きたい事実です。 小結寺では、自殺を減らす為には鬱病を減らす。鬱病を減らす為には座禅やヨーガでセロトニンを出すと言う 方法ですが、それでも自殺を考えてしまった場合にはどうするのか??それは、小結寺で培った経験で言うと とにかく話しを聞いてあげる事です。一般的なカウンセリングなどでは長くて90分、平均的には50分が 当たり前です。しかし、そんな短い時間では心を開く事もできず、信頼なんて構築できません。 小結寺の悩み相談の平均時間は4時間です。それでもやっと心を開いてくれたと思える感じで、できれば もっと話たいと言う感じですが、実際には4時間も話しを聞いてあげれば、ほぼ自殺を止める事ができます。 小結寺には大した知識も資格もありません。でも、とことん話しを聞いてあげる事で、ここまで多くの人を 自殺から生きるに変換してきました。その事からも、自殺を減らすには多くの方が困っている人、自殺を考えて しまっている人の話し相手が多ければ多いほど自殺は減少出来ると言う答えです。 小結寺では私一人しかいません。多くの方のお力を借りる事が出来るなら、この街から自殺者は無くせます。 どうか、人の為に力を使っても良いと言う人、またお金を寄付する事で人の命を救えるならと思ってくれる方 ぜひ、小結寺のお力を貸して頂ければ幸いです。
小結寺

ボランティアの募集

(募集要項)

女性の方(年齢は問いません)

話を聞く事が苦手でない方

応募、問い合わせはこちらから

寄付金のお願い

企業の方

個人の方

 

ご予約はお電話・LINEにて!



2020年10月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
上記カレンダーよりご希望日の「○」印をクリックしてください。
※研修コース・エステとコラボコース・一日貸切コース、お寺カウンセリングを予約される方は
事前にメールかお電話でお問い合わせ下さい

ご予約について

LINEにてご予約の場合、QRコードを読み取って下さい お電話でもご予約いただけます ※お急ぎの場合、または上記の電話にかけても出ない場合は携帯電話にお電話下さい! 080-5514-8825

店舗情報


店舗名 小結寺(こゆいでら)
営業時間 10:00~20:00[完全予約制]
休業日 不定休
電話番号 0287-74-6106
住所 那須塩原市小結88-25 リンパエステLindaと同じ敷地内です
駐車場について 同じ敷地内にある、リンパエステLindaの駐車スペース以外でしたらどこでもご利用いただけます。(敷地内の事故等に関しては一切の責任を負いません)

お問い合わせ


お問い合わせは下記メールフォームよりご連絡ください







※「送信」でプライバシーポリシーをご承諾いただいたことといたします。 ※項目はすべて必須ご入力事項です。 ※受信拒否設定を行っている方は行っている方は、「info@koyuidera.jp」のアドレスを受信するよう設定をお願い申し上げます。